丁寧な暮しでこころを高めるに関して

引き続きよく聞く台詞で「丁寧な生計」「平易生活」などありますがご存知でしょうか。わたくしは色んな物に散財するのではなく、物に謝礼し命を尊び、質素に暮すことを楽しむことだと捉えています。そうしてこういった丁寧な生計をする個人が増えてきています。私もその一人ですが、外食やショッピングを楽しんでいたところは、質素に暮すなんてはなはだできないと思っていました。今は午前一杯のお味噌汁からスタートし、箱や元に感謝しながら食事をする例年、出掛ける前に身支度と合わせて大半うちの扶養を通して、こころを備えるようにしています。そうすると全てがすばらしい人間へ回転して言う気がします。早起きは三文の安上がりっていうコースで、その分優しい吸い物を探る時間ができました。出来たてを頂くため心は和み、すっきりとした午前を迎えることができます。コンディションも良くなりますし、そこから一仕事頑張ろうというモチベーションが生まれます。仮に暑くても寒くても、掃き掃除、拭き掃除をするようになりました。こういう午前扶養が病みつき化することで、家の中で楽しく暮らせるのはもちろんのこと、身体も小気味よくなったのです。要件へ出かける時には、いよいよこころはセットアップ万端の状態です。疲れて帰っても、つやつやに磨いたフローリングやふっくらの銭湯タオルが迎えてくれるのです。こう思うと、財貨を使わず物を大切にし、目の前に居残る幸せに考えづけるようになったな、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする